幻想的な美しい森で夢のようなツリーランに酔いしれる | ルスツリゾート

RUSUTSU’s PRIDE ・ルスツの自慢

羊蹄山の麓に広がるルスツリゾートは、冬は北海道のJAPOWに酔いしれ、夏はゴルフや遊園地まで楽しめる日本有数規模のオールシーズン型リゾートです。マーケティングの担当の方に聞きました。「北海道の他のスノーリゾートに絶対負けないぞ!という冬のルスツリゾート自慢のポイントはどこですか?」

1.単体リゾートとして日本最大の37コースを持ち、合計滑走距離は42km!滑走距離あたりのリフト券料金は最安値です!

ルスツリゾートのゲレンデは「ウエストMt.」「イーストMt.」「Mt.イゾラ」の3つの山から構成されていて、3つのピークからレイアウトされているコースは実に37! その総滑走距離はなんと42km!単体リゾートしてはなんと日本一です。その広大なフィールドを4本のゴンドラと、14本のうちほとんどがフード付きの高速リフトを使って、スピーディーに快適に移動できます。それでいて、滑走距離あたりのリフト券料金は国内最安値というから驚きです。

1日券は6,200円(オンライン購入)でナイターまで滑れます(~20:00)。42km滑れてこのプライスは破格です。ちなみにオーストラリアの Thredboは1日券の料金だけとってもこの2倍、ニセコの全山共通1日券は8,100円です。ルスツリゾートは広大なフィールドに負けないくらい、ホスピタリティも自慢です。

2.カジュアルホテル・ラグジュアリーホテル・コンドミニアムの3施設で、要望に合わせた滞在を提供できます

リゾート内にはプレミア感いっぱいのラグジュアリーホテル「ウェスティン ルスツリゾート」、ゲレンデ目の前でスキーIN/OUTができて超便利な「ルスツリゾートホテル&コンベンション」、さらに、暮らすようにステイが楽しめるコンドミニアムスタイルのホテル「The Vale Rusutsu」と、それぞれに魅力あふれるアコモデーションが揃っています。

また、ルスツリゾートのすべてに一貫しているのはホスピタリティ(おもてなし)のクオリティの高さ。旅行業界のオスカーと評される世界のスキー観光産業の中で最も名誉ある賞のうち、ルスツリゾートは、「World Ski Awards」の「Japan’s Best Ski Resort(日本スキー・リゾート部門)」を、ウェスティン ルスツリゾートは、「Japan’s Best Ski Hotel」に、2017年から2019年に3年連続でW受賞を果たしています。

3.滑走レベルや趣向に合わせたコースレイアウトにより、ゴンドラやリフト乗車時の混雑を軽減し、より多くの時間スキー/スノーボードを楽しめるんです

3つの山はそれぞれ個性的。山の特長をベースにして、技術レベルや滑りの趣向に合わせてコースがレイアウトされています。3つの山のそれぞれの位置関係や特長を把握しておきましょう。待ち時間やロスタイムが少なく、より多く滑ることができます。だからルスツは1日の満足度がとても高いのです。

West Mt.

右奥に位置するWest Mt.は、コンパクトなサイズ感。ホテル前でアクセスもイージー、ナイターも楽しめて、誰もが手軽に快適に滑りやすいエリアです。ホワイトラバーコースは、初めてスノーボードをする方にオススメ。サイドスリップ(横滑り)の練習用斜面として最適の斜度を備えているコース幅の広い一枚バーンの滑り出しから始まっています。

East Mt.

Mt.イゾラとつながるEast Mt.は、ロングコースが特長。 山頂から2,300mも続くイーストビバルディコースに、尾根伝いの展望のいいイーストティーニュコースなど、距離が長いうえ適度な中斜面でとても滑りやすい。カービング系の板で飛ばすと気持ちがいいでしょう。山頂直下には40度というルスツいちの急斜面もあって滑り応えは満点です。

イージートレイルは、ルスツリゾートの中でもっとも緩やかなコースで初めてスキーをする方にオススメ。また、他のコースに迷い出ることもないので、一人で滑れるようになったキッズたちの練習場所としてもピッタリです。

Mt. Isola

上級者やパウダー派が集まるのがMt. Isola。ルスツ最長の3,500mのイゾラグランコースをはじめ、そのスケール感とコースバラエティは三山イチ。沢が複数あり、地形の変化も豊富です。沢に落ちていくコースにはパウダーが溜まりやすいため、パウダー派に大人気です。ルスツの名物ともいえる美しいツリーランも随所でできます。上級コースや滑り応えたっぷりの斜度や距離のある中級コースが多く、上級者にとって楽しくてたまりません。

外国人ゲストが喜んで滑っているコースをご紹介

スティームボートAコース

場所:Mt. Isola
距離:2,200m
斜度平均: 12°/ 最大 26°
レベル:中級

イゾラ第2クワッド降り場からカフェテリア「スティームボート」まで続く尾根沿いのコース。スティームボートBほどの広さはないが混み合うことが少なく、林に囲まれた静かなムードの中で滑ることができる隠れスポット。

スティームボートBコース

場所:Mt. Isola
距離:2,100m
斜度:平均 12°/ 最大 26°
レベル:中級

Mt.イゾラのメインコースは、2,100mものロングランが自慢。余裕のあるコース幅と見通しのいい一定斜度が続くため、ビギナーでも安心。中級へのスムースなステップアップを叶えることができるだけでなく、上級者も爽快なクルージングを楽しむことができる。

外国人ゲストに伝えたいルスツの魅力

ルスツでできる「森林浴」は幻想的な美しい遊び

ルスツの雪質はJAPOWそのもの。雪質は際立ってドライなのが自慢です。12月~2月は断続的な降雪により、毎日のようにリセットされてパウダーライドが楽しめます。

ルスツの山は斜面が北側に面しているため、陽に当たりにくく、雪のコンディションがいい状態で常に維持されるのも魅力。そこに加えてツリーランを楽しむ森の中は、広葉樹の樹木たちによって陽の光が入りにくい。JAPOWの濃度がダブルといったところでしょうか。好条件が揃ったルスツのツリーランは、まさにTHE BESTといえるでしょう。

フリーダムパーク

Location:East Mt.

やっぱりジャンプが楽しい!というフリーライド派や、ソフトスノーのグッドコンディションならジャンプにも挑戦したいという人にはパーク遊びもおススメ。中級者から上級者まで楽しめるよう豊富なアイテムをランナップ。安全に思い切り遊べるよう、ジャンプのサイズやレールの高さにも気配りをしたパークです。

イゾラのファーストトラック

Location:Mt. Isola

通常の営業時間の前にMt.イゾラの山頂から自由に滑ることができるという、とっておきサービスの「イゾラのファーストトラック」。パウダーにヒットする確率が高い年末年始とハイシーズンの1月・2月の毎週日曜日限定です。グルーミングされた3,500mものイゾラグランコースを滑るのも気分最高です。

リゾート内で日本・北海道ならではの文化体験もできる



ルスツでは、リゾート内でいろいろな文化体験もできます。地元の牛乳など北海道の食材を活かしたお料理系の体験や、北海道の自然素材を使ったモノづくり系の体験など、北海道ならではの体験もできます。

また、北海道産の牛乳を使用したアイスクリーム作りや、隣町の牧場産の牛乳を使ったチーズ作り、北海道の開拓時代から伝わる家庭料理、じゃがいものお餅「いももち作り」体験も人気です。

EPIC PASSの対象施設

ルスツリゾートは、世界トップスキーリゾートVail Resortsと長期アライアンス契約を提携し、世界最大のスキーパス「 Epic Pass 」「 Epic Local Pass 」「 Epic Australia Pass 」の対象施設となっています。2021 – 2022ウィンターシーズンの「 Epic Pass 」「 Epic Local Pass 」、2021シーズンの「 Epic Australia Pass 」所有者は、ルスツリゾートにて、2021 – 2022ウィンターシーズンの営業期間内であれば、いつでも連続 5日間が無料のリフトパスが提供されます。

外国人ゲストへの対応

  • リゾート内英語対応(基本すべてに対し英語対応は可能)スクール、アクテビティ、レンタルも英語可
  • 英語でのSNS発信
  • リゾート内に免税店あり
  • ホテル館内無料WIFI完備・コワーキングスペースとしてロビーフロアーのラウンジ開放
  • リゾート内に売店(カラフル)あり
  • ホテルから徒歩5分にコンビニあり(セイコーマート、セブンイレブン)
  • リゾート内にコインランドリーあり
  • ホテルから2kmの位置に薬局あり(ルスツ-サツドラ間でシャトルバス運行)

ルスツのグルメ

ルスツリゾートには、なんと30店以上もの食処が入っています。ファミリーに人気のブッフェレストランや、フレンチやイタリアン、和食、中華などの通好みの専門店、美味しいスイーツが楽しめるカフェや、仲間と呑めるバーや居酒屋、パッと食べれる便利なファーストフードなど、カジュアルからフォーマルまでバラエティにラインナップ。

すごいのはその数だけではありません。直営農園で手塩にかけて育てた野菜類や、ラム肉、ルスツ高原豚や乳製品、近郊の漁港から毎朝仕入れられる海鮮類など、北海道産にこだわった北の大地の山の幸・海の幸が集められているのです。

外国人ゲストが集まっているスポット

外国人ゲストが好んで利用しているお店をちょっと覗いてみましょうか。

■ルスツリゾート

クリケット(ルスツリゾートホテル&コンベンション)

昼は軽食ランチのカフェ、夜はスポーツ映像を見つつ賑やかにお酒を楽しめるパブに変貌。スポーツ映像が流れる開放的な店内は営業時間は扉がフルオープンで開放的。ルスツリゾートホテル&コンベンションの中心に位置しており、アプレスキーの待ち合わせ場所にもおすすめです。

メインバーオブリスト(ルスツリゾートホテル&コンベンション)

JAZZYで優雅な空間、ひと時の寛ぎを渾身の1杯で。ゆっくりとした夜の時間を過ごすのにふさわしいメインバーオブリスト。各種カクテルから地元北海道のウィスキーや年代物リカーまで、渾身の一杯をご提供いたします。お仲間と、またはおひとりでもぜひお気軽にご利用いただけます。自家製ジンジャーウォッカのモスコミュールは衝撃的な美味しさです。

ロビーラウンジアトリウム(ウェスティン ルスツリゾート)

軽いお食事やお待ち合わせのひと時に。香り高い珈琲やクラフテッドカクテルはいかがですか?ゆらめく暖炉の炎を眺めながら、ゆったり流れるひと時を優雅に過ごせるラウンジです。各種ドリンク類や趣向を凝らした独創的なオリジナルカクテルのほか、単品の軽食メニューやケーキセットもございます。朝・昼・夜ご利用いただけます。

■ルスツリゾート周辺

ロデオドライブ Rodeo Drive

リゾートから徒歩5分、北海道の樹の温もりを感じる落ち着いた空間の隠れ家的なBARです。燻製のハムやベーコンを使った料理をはじめ、BARなのに本格料理の数々がとても美味しい。お酒の種類も多く、20時までハッピーアワーで生ビール400円、外国人ゲストのたまり場です。

YOUTEI

ルスツリゾート正面入口から徒歩1分。日中はカフェで羊蹄山からの美味しい水を使ったコーヒーでくつろげます。17時からは居酒屋になり、北海道の採れたて魚介類、名物ルスツ豚を使った料理、ジンギスカンがいただけます。地酒やたくさんの種類のお酒も揃っています。

鍋処 羊ちゃん

リゾートから徒歩5分、いつも外国人ゲストで賑わっている羊ちゃんですが、何がすごいってミルクの味がほんのりするラム肉を使った、ジンギスカンが絶品。こんなに美味しいラム肉は食べたことがないという人が続出です。食べ放題で2100円。

関連スキー場

ルスツリゾート

  • コース

    37

  • リフト

    14

  • 最長滑走距離

    3,500m

  • 最大斜度

    40°

2021/11/27(土) ~ 2022/ 4/3(日) 予定

  • 月ごとの平均積雪量
  • ※過去3年間の平均データ
  • 12月

    200cm

  • 1月

    250cm

  • 2月

    285cm

  • 3月

    170cm

  • 4月

    80cm

  • 月ごとの平均積雪量
  • ※過去3年間の平均データ
  • 12月

    200cm

  • 1月

    250cm

  • 2月

    285cm

  • 3月

    170cm

  • 4月

    80cm

関連記事

関連スポット